シュトゥットガルトが5発でドルトムント粉砕! 遠藤航はフル出場で勝利貢献

シュトゥットガルトが5発でドルトムント粉砕! 遠藤航はフル出場で勝利貢献
拡大する(全1枚)
 ブンデスリーガ第11節が12日に行われ、MF遠藤航が所属するシュトゥットガルトは敵地でドルトムントと対戦した。遠藤は開幕から11試合連続のフル出場を果たした。

 シュトゥットガルトは3分、遠藤がファーストタッチで前を向いてエリアの外から右足を振り抜く。ゴール左下隅を狙ったミドルシュートは枠を捉えていたが、相手GKロマン・ビュルキに防がれてネットを揺らすことはできなかった。7分にはボルナ・ソサがゴールから約22~3メートル離れた位置から直接フリーキックを狙ったが、ゴール左上隅を狙ったシュートはビュルキの好セーブに阻まれた。

 25分、シュトゥットガルトはマテオ・クリモヴィッツがエリア内でエムレ・ジャンに倒されてPKを獲得する。キッカーを務めたサイラス・ワマンギトゥカは、ビュルキの逆を突いて左下に沈め、アウェイチームが先制した。

 遠藤は38分、中盤でのインターセプトからドリブルで運び、右サイド前方へスルーパス。反応したクリモヴィッツはフィニッシュまで持ち込んだが、強烈なシュートはビュルキの足に阻まれた。するとその直後の39分、ドルトムントが試合を振り出しに戻す。ラファエル・ゲレイロが浮き球のスルーパスを通すと、反応したのはジオヴァニ・レイナ。左足を使った柔らかいタッチでボールを収めると、右足アウトフロントを使ったループ気味のシュートでネットを揺らした。

 同点で折り返すと、シュトゥットガルトは53分に勝ち越しの1点を奪う。相手のミスから高い位置でボールを奪ったオレル・マンガラが折り返すと、ボールを収めたワマンギトゥカが押し込んだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク