ベスト4が出揃う! 秋田と川崎F、徳島とG大阪の組み合わせが決定/天皇杯準々決勝

ベスト4が出揃う! 秋田と川崎F、徳島とG大阪の組み合わせが決定/天皇杯準々決勝
       
 天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会の準々決勝が23日に行われた。

 広島県代表の福山シティFCとJ3王者のブラウブリッツ秋田の一戦は、14分に秋田のMF茂平が先制点を記録すると、41分に福井CのFW吉井佑将が同点弾を記録。しかしその5分後に秋田のMF久富賢が勝ち越し点を記録し、秋田がリードで折り返す。迎えた後半、両チーム共になかなかゴールを奪えない時間帯が続くと、試合終了間際にMF江口直生が追加点を記録。3ー1で勝利した秋田が、準決勝進出を決めた。

 アマチュアシードから勝ち進んだHonda FCとJ2王者徳島ヴォルティスの一戦は、42分に徳島のMF鈴木徳真が先制点を記録。1ー0のスコアで前半を終えると、50分には鈴木がこの日2点目のゴールを奪う。徳島はさらに59分にもMF岩尾憲の得点でリードを広げ、結局3ー0で勝利を収めた。

 この結果準決勝のカードは、秋田とJ1を制した川崎フロンターレ、そして徳島とJ1を2位で終えたガンバ大阪がそれぞれ対戦することに決まった。準決勝の2試合は今月27日に行われる。

■準々決勝・試合結果
ブラウブリッツ秋田 3ー1 福山シティFC
徳島ヴォルティス 3ー0 Honda FC

■準決勝・組み合わせ
▼12月27日(日)
13:05 川崎フロンターレ vs ブラウブリッツ秋田
16:00 ガンバ大阪 vs 徳島ヴォルティス

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「川崎フロンターレ」に関する記事

「川崎フロンターレ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事

次に読みたい「川崎フロンターレ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月23日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。