1位の上昇率は525%! ラ・リーガで最も市場価値を高めた選手トップ10

1位の上昇率は525%! ラ・リーガで最も市場価値を高めた選手トップ10
 移籍情報サイト『transfermarkt』は5日、リーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)でプレーする約500選手の市場価値を更新した。

 同サイトの市場価値は、選手それぞれのパフォーマンスや契約年数など、複数の要素を考慮して定期的に更新されている。では、この1年間で最も市場価値を高めたラ・リーガの選手は誰なのか。昨年1月1日からの“上昇額”に基づいて、トップ10をランキング形式で紹介する。

※情報はすべて1月6日時点のもの
※日本円は1月6日時点のレートで換算
※カッコ内は、「所属クラブ/国籍/ポジション/現年齢」

[写真]=Getty Images

■7位タイ

▼ティボー・クルトワ(レアル・マドリード/ベルギー/GK/28歳)
最新の市場価値:7500万ユーロ(約95億円)
上昇額:2000万ユーロ(約25億円)

 昨季はリーグ18試合でクリーンシートを達成し、1試合あたりの平均失点数(0.59)が最も少なかったGKに授与される“サモラ賞”を受賞。ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード/9000万ユーロ)の市場価値には届かなかったものの、2000万ユーロアップを実現した。

▼フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード/ウルグアイ/MF/22歳)
最新の市場価値:7000万ユーロ(約89億円)
上昇額:2000万ユーロ(約25億円)

 リーグ制覇を果たした昨季に大ブレイク。昨年11月に契約を2025年まで延長したことも、今回の査定に大きく影響したと見られる。最新の査定で500万ユーロダウンとなったホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリード/6500万ユーロ)を上回り、ウルグアイ人選手で最も市場価値の高い男となった。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。