バイエルン、敵地でラツィオに4発快勝で8強へ前進…17歳のムシアラがCL初得点

バイエルン、敵地でラツィオに4発快勝で8強へ前進…17歳のムシアラがCL初得点
       
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のファーストレグが23日に行われ、ラツィオとバイエルンが対戦した。

 前回大会王者のバイエルンと、21シーズンぶりの決勝トーナメント進出を果たしたラツィオが初めて激突。バイエルンは直近のリーグ戦2試合を1敗1分けとしているが、ブンデスリーガ首位を維持しており、一方のラツィオは直近のリーグ戦5試合で4勝1敗と好調で、セリエAで6位につけている。試合はラツィオのホームで行われた。

 なお、バイエルンはFWセルジュ・ニャブリとMFコランタン・トリッソ、DFベンジャマン・パヴァールらが負傷で、FWトーマス・ミュラーは新型コロナ陽性で隔離措置を受けているため、招集外となっている。

 試合を動かしたのはバイエルンだった。9分、右サイドでボールを持ったニクラス・ズーレが縦パスを入れ、レロイ・サネ、ジョシュア・キミッヒを経由すると、ゴール前でフリーで待ち構えていたロベルト・レヴァンドフスキに渡る。これを難なく押し込み、先制に成功した。

 ラツィオは18分、エリア手前でボールを受けたセルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチが仕掛け、エリア内でジェローム・ボアテングに倒されたが、PKは与えられず、続くプレーでラツィオのオフサイドの判定となった。

 ラツィオは23分、エリア手前までドリブルで仕掛けたホアキン・コレアがエリア内左のルイス・アルベルトへ送ると、左足でシュートを放つ。しかし、グラウンダーのシュートに力はなく、GKマヌエル。ノイアーに防がれた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。