物議醸すアタランタMFの退場…伊紙と西紙は真っ向対立「イエローが妥当」「DOGSOで正解」

物議醸すアタランタMFの退場…伊紙と西紙は真っ向対立「イエローが妥当」「DOGSOで正解」
 アタランタのスイス代表MFレモ・フロイラーに対する判定をめぐって、イタリア各メディアとスペイン各メディアがそれぞれに主張を繰り広げている。

 アタランタは24日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでレアル・マドリードと対戦。ホームで戦ったアタランタは17分、ペナルティエリアの手前でフロイラーが相手DFフェルランド・メンディを倒して一発退場となる。自陣に引いて耐えていたものの、86分にメンディのミドルシュートで失点して0-1と敗戦した。

 25日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「誤ったレッド判定が試合全体を変えた」との見出しで、試合を担当したドイツ人のトビアス・シュティーラー氏を批判。「メンディは(アタランタのGKピエルルイジ・)ゴッリーニとの一対一に直面していたが、彼のドリブルは外側に向かっており、ボールの軌道がそのことを認めている。イエローカードがより妥当だったが、間違った判定が下された」と、メンディのドリブルが決定的な場面に結びついたかは疑わしいと主張した。また、同国紙『トゥットスポルト』もイエローカードが妥当であるとして判定を「不可解」と形容し、「シュティーラー主審は“白い巨人”に手を貸すことを決めた」と審判を非難した。

 一方、スペイン紙『マルカ』とスペイン紙『アス』は、サッカーのルールを制定する国際サッカー評議会(IFAB)のルールブックを元に、シュティーラー主審を擁護。メンディのドリブルの進路に問題はなく、フロイラーは『DOGSO(Denying an Obviously Goal Scoring Opportunity/決定的な得点機の阻止)』に当たると主張した。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月26日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。