【徳島vs神戸プレビュー】悲願の本拠地J1初勝利を手にしたい徳島…神戸は公式戦3連勝で波に乗れるか

【徳島vs神戸プレビュー】悲願の本拠地J1初勝利を手にしたい徳島…神戸は公式戦3連勝で波に乗れるか
徳島ヴォルティス 新戦力の台頭は朗報も、攻守のキーマン不在が気になる



【プラス材料】
 開幕節の大分トリニータ戦(1△1)は、MF岸本武流の先制弾も含めて内容としても互角以上の戦いを表現できた。指揮官交代により戦術変更にも挑戦しているが、現在地としては悪くないパフォーマンスだった。

 また、左サイドでは大卒2年目のDF吹ヶ徳喜がサイドバックでJ初出場を果たし、クラブ下部組織出身のMF藤原志龍がサイドハーフで先発出場をつかんだ。新たな戦力登場の期待がある反面、出場経験の少なさという不安要素もあった。だが、自らの力で自分たちが戦力であることを証明し、その不安を払拭している。

 最後に、メンタル面。クラブ初のJ1に挑戦した2014年は、残念ながらホーム戦未勝利に終わった。「2014年の徳島ヴォルティスとは違うぞ」ということは開幕戦で見せられた。今節は“J1でのホーム戦初勝利”というモチベーションが後押しする材料になるだろう。

【マイナス材料】
 大分戦で負傷交代したDF石井秀典の出場有無は気になる。センターバック陣は人数自体が少ない状況で、JリーグYBCルヴァンカップも重なり、この連戦でチーム最年長として精神的な柱にもなり得る石井が不在となれば、ピッチだけでなくオフ・ザ・ピッチでもじわりと響く。

 また、負傷という観点でもうひとつ。公式リリースはないが、開幕戦とルヴァンカップの陣容を見る限り、昨季8ゴール・7アシストのMF西谷和希がベンチ外というのも気がかり。代わって出場したであろう藤原が開幕戦で躍動したことを前述したが、センターバック陣同様に連戦なども考えるとサイドアタッカーは不足気味。中央にポジションを取りながらハーフスペースやライン間でのプレーが得意なサイドハーフはいるが、ドリブルで仕掛けられるアタッカータイプの穴をどう埋めるかはカギになりそうだ。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「徳島ヴォルティス」に関する記事

「徳島ヴォルティス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事

次に読みたい「徳島ヴォルティス」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 徳島ヴォルティス ジュニアユース
  2. 徳島ヴォルティス 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。