広島、女子プロチームの呼称が決定…「サンフレッチェ広島レジーナ」に
拡大する(全1枚)
 サンフレッチェ広島は8日、同クラブの女子プロチームの呼称が「サンフレッチェ広島レジーナ」に決定したことを発表した。

 同名称に至った背景について、クラブ公式サイト上で以下のように説明している。

「『サンフレッチェ』は日本語とイタリア語を掛け合わした三本の矢を表す言葉です。広島の県民市民・行政・財界の三位一体の力によって支えられていることを示し、またチームスポーツの基幹をなす『技術・戦術・体力』の三要素、そして個々の選手に必要とされる『心・技・体』の三原則にもつながっています」

「新設された女子チームの呼称である『レジーナ』は、イタリア語で『女王』を意味します。『サンフレッチェ』の語源である三本の矢に込められた想いを大切にし、『女王』に輝くチームを目指したいという意志を込めています。この『レジーナ(REGINA)』は、さらに3つのコンセプトを含みます」

「REGINAの『RE』はRESPECT。サンフレッチェ広島の行動規範にもあるフェアプレーの精神を大事にします。ピッチの内外を問わずあらゆる状態において、フェアで清々しい行動を心がけ、応援してくれるファミリーの皆さま、クラブを支えてくれるスポンサー、クラブの仲間を尊敬し、地域に愛されるチームを目指します」

「REGINAの『GI』はGIRLS。女性活躍の象徴、女性アスリートを目指す子供たちに夢を与え、女性が憧れる存在となり、『女性の元気を広島の元気に』していく活動を行っていきます」