なでしこ初得点の清水梨紗が喜び「かわせたタッチがうまくいった」

なでしこ初得点の清水梨紗が喜び「かわせたタッチがうまくいった」
拡大する(全1枚)
 日本女子代表(なでしこジャパン)DF清水梨紗が、11日の国際親善試合パナマ女子代表戦を振り返った。

 右サイドバックとしてフル出場を果たした清水は1-0のリードで迎えた16分、ゴール前での冷静なフェイントから右足でゴール左に突き刺し、代表初得点を記録する。なでしこジャパンはこの後も得点を積み重ね、8日の国際親善試合パラグアイ女子代表戦に続き、7-0の大勝を収めた。

 清水は代表初得点を振り返り、「ポジションを高めにとり、来そうだなと思っていたら、ユイカ(菅澤優衣香)さんがいいボールをくれて。決められてよかったです。入ったときはいろいろな人が来てくれたので嬉しかったです。ユイカさんからパスをもらった時すぐに打とうとしたけど、相手が食いついてきたのが見えて、そこをかわせたタッチがうまくいったと思います」と喜びを語った。

 DFラインとしては、「前回のパラグアイ戦でセカンドボールの拾うところで課題が見えていたので、ラインコントロールと2列目との間隔を意識した」という清水。日テレ・東京ヴェルディベレーザで長年ともにプレーした籾木結花とのコンビネーションについては、次のようにコメントした。

「モミとはずっと一緒にプレーしていて、お互いにお互いのことを知っている。(籾木が)PAの角あたりで左足で持つといい形に持ち込める。なのでそこは任せて、自分はオーバーラップで使ってもらったり、囮に使ってもらうことを意識しました。 今日は監督からサイドバックとユイ(長谷川唯)、モミ、ボランチは流動的に動いていいと言われていました。モミとは話していましたが、相手のウインガーが自分についてくるような感じがして、中に入ればついてくると思いました」とコメントした。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。