レガネス、首位エスパニョールとの上位対決に敗戦…柴崎は2戦ぶりフル出場

レガネス、首位エスパニョールとの上位対決に敗戦…柴崎は2戦ぶりフル出場
拡大する(全1枚)
 リーガ・エスパニョーラ2部の第34節が11日に行われ、エスパニョールとMF柴崎岳が所属するレガネスが対戦した。柴崎は2試合ぶりの先発フル出場を果たした。

 前節のサバデル戦で5試合ぶりの勝利を収めた4位レガネスと4連勝中で暫定2位エスパニョールの上位対決。両チームの勝ち点差は10ポイントとなっている。自動昇格圏の2位に入るために、レガネスにとっては来季の命運もかかる一戦となった。

 しかし、エスパニョールが開始直後に先制に成功する。1分、レガネスのGKアシエル・ガリターノが飛び出してルーズボールをクリアすると、35メートルの位置で拾ったセルジ・ダルデルが右足でシュートを放つ。これが無人のゴールに吸い込まれ、1-0とした。

 エスパニョールは18分、アドリアン・エンバルバが右サイドからクロスを上げると、これがケネス・オメルオのハンドを誘発してPKを獲得。19分、ラウール・デ・トマスがチップキックでシュートするが、ボールはクロスバーを叩き、追加点とはならなかった。

 1点ビハインドで後半へ折り返したレガネスは51分、試合を振り出しに戻す。相手エリア内でシュートのこぼれ球を拾ったミゲル・デ・ラ・フエンテが右足で豪快に叩き込んで同点とした。

 エスパニョールは61分に決定機。右サイドからクロスを上げると、中途半端になったクリアボールがエリア内中央に転がる。これをニコラス・メラメドが右足のダイレクトシュートで狙ったが、ボールはクロスバーを越えた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。