ハーランド代理人、慰留を目指すドルトムントへ「私はそれを尊重しているが…」

ハーランド代理人、慰留を目指すドルトムントへ「私はそれを尊重しているが…」
拡大する(全1枚)
 ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの代理人を務めるミノ・ライオラが、同選手の将来について語った。13日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 現時点で2024年までドルトムントと契約を結んでいるハーランドだが、ここまでブンデスリーガ52試合で49得点を記録。チャンピオンズリーグでも活躍を見せており、同選手の父親はバルセロナやレアル・マドリードと移籍交渉を行なっているとも報じられてきた。また、マンチェスター・Cやマンチェスター・U、パリ・サンジェルマンなども熱視線を送っているとされる。

 そして共に交渉のテーブルに座っているというライオラは、今回取材に応じた際「ミヒャエル・ツォルク(スポーツ・ディレクター)は、アーリングを売りたくないとはっきり言っていた。私はそれを尊重しているが、同意しているというわけではない。ただ、私とドルトムントの間に戦争はないよ」とコメント。平穏な関係を保っていることを明かした。

 また、ツォルクSDも取材に応じており「私は契約の裏付けや先週クラブで行われた協議の内容にこだわりたい。我々はアーリングと共に新シーズンを迎えるための、非常に明確な計画を持っている」とコメントし、ハーランドの慰留へ自信を示している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク