昨シーズンCL決勝カードはPSGに軍配! アウェイゴール差でバイエルン下す

昨シーズンCL決勝カードはPSGに軍配! アウェイゴール差でバイエルン下す
拡大する(全1枚)
 チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝セカンドレグが13日に行われ、王者バイエルンと昨シーズン準優勝パリ・サンジェルマンが対戦した。

 ファーストレグではバイエルンが31本以上のシュートを放ったものの、GKケイラー・ナバスを中心に2点に抑え、一方の攻撃陣はネイマールやキリアン・エンバペらが躍動し3-2でパリが先勝していた。

 ホームのパリは3分、9分とエンバペがバイエルンゴールに迫るがゴールラインを割ることはできない。さらに27分、エンバペがDF2人を引き付けてフリーのネイマールにクロスを供給。GKとの1対1はバイエルンの守護神マヌエル・ノイアーに阻まれゴールとはならなかった。

 続く37分、パリはコーナーキックのチャンスからネイマールがボールを持つとフェイントでDFを交わしゴールを狙う。コントロールされたシュートはクロスバーを叩き惜しくもゴールとはならない。39分にも再びネイマールのシュートがポストに嫌われなかなかゴールラインを割ることができない。

 するとその直後の40分、バイエルンはダヴィド・アラバがエリア内で強烈なシュートを放つ。GKナバスがボールを弾くと最後はエリック・マキシム・チュポ・モティングが押し込んで待望の先制ゴールをこじ開けた。44分、アラバが左足で鋭い無回転シュートを放つとこれはGKナバスが渾身のファインセーブを魅せる。

 1点ビハインドのパリは53分、アンヘル・ディ・マリアがエリア内右サイドからクロスを供給するとゴール前のネイマールへ。しかしあと一歩足が届かず決定機を逃す。さらに79分、エンバペが一人抜け出してゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定でノーゴールに。

 バイエルンの猛攻もむなしく、そのまま試合は終了。パリ・サンジェルマンがアウェイゴール数の差でバイエルンを下し準決勝進出を決めた。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 0-1(2試合合計:3-3) バイエルン

【得点者】
0-1 40分 エリック・マキシム・チュポ・モティング(バイエルン)

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月14日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。