元アーセナル指揮官のヴェンゲル氏、ESL構想を批判「悪い考えである」

元アーセナル指揮官のヴェンゲル氏、ESL構想を批判「悪い考えである」
拡大する(全1枚)
 1996年から2018年にかけてアーセナルの監督を務めたアーセン・ヴェンゲル氏が、欧州スーパーリーグ(ESL)構想を批判した。

 ESLは18日にスペイン、イングランド、イタリアのトップリーグに所属する12のビッグクラブによって創設が発表された。同リーグは参加を表明した12クラブと、今後3クラブを加えた15クラブが創設クラブとなり、さらに5クラブを加えた計20クラブでの開催が計画。UEFA(欧州サッカー連盟)が主催しているチャンピオンズリーグ(CL)などの既存大会に対抗するものとして構想されている。

 しかし、一部のビッグクラブによって決められたこの計画にUEFAや国際サッカー連盟(FIFA)、各国リーグは反発の姿勢を見せている。そんな中、現在はFIFA(国際サッカー連盟)の「グローバル・フットボール・ディベロップメント」部門のトップであるヴェンゲル氏がイギリスメディア『talkSPORT』で、「それは悪い考えであると思う。フットボールは団結し続ける必要がある。それが最も重要なことだ」とESL構想に苦言を呈した。

「スポーツ面のメリットに基づいたもので、ヨーロッパのフットボールが築いてきた歴史を尊重しなければならない。個人的にはそれほどこのアイデアは進まないと信じている。背後に何があるのかは正確にはわからない。その背後にはもっと危険な考えがあり、それはプレミアリーグにとって大きな脅威だ。私がまだ指揮をしていた時から、プレミアリーグの影響力を弱めるために他の国から多くのことが起こっていた。このようなプロジェクトはそれを加速させるだろう」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月20日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。