清水MF滝裕太、今季初先発で存在感発揮も満足せず…「相手が嫌がる」アタッカーへ

清水MF滝裕太、今季初先発で存在感発揮も満足せず…「相手が嫌がる」アタッカーへ
拡大する(全1枚)
 ようやく巡ってきた今シーズン初先発のチャンスで、清水エスパルスの滝裕太が存在感を示した。

 21日に行われたYBCルヴァンカップ・グループステージ第3節の横浜F・マリノス戦。前半は右、後半は左のサイドハーフに入った滝は、「監督からは(ボールを)失ってもいいからどんどん仕掛けろと言われていた」という言葉のとおり、積極的なプレーで魅せた。

 後半開始早々の46分、左サイドの裏に抜け出すと、中を見ながら冷静にマイナスのボールを送り、竹内涼のミドルシュートを演出した。49分には、ディサロ 燦シルヴァーノが競ったボールに抜け出し、サイドに持ち込んでクロス。これはGKにキャッチされたが、得点の匂いを感じさせた。

「2人ぐらい引きつけてグラウンダーのパスを送ったりとか、チャンスは少なかったけど作れたと思う」

 また、守備面でも労を惜しまず、前線のディサロ 燦シルヴァーノ、後藤と連動したプレスを繰り出したほか、個の特徴がある横浜FMのサイド攻撃に対しては、「サイドバックと良い連携で無失点に抑えられた」と粘り強く対応した。

 カターレ富山への育成型期限付き移籍から復帰し、プロ4年目の今シーズン、危機感は人一倍強く抱いている。ともにユースからトップチームへ昇格した同期の伊藤研太(現沖縄SV)と平墳迅(現鈴鹿ポイントゲッターズ)は昨シーズン限りで契約満了に。「2人の分も頑張りたい」と意気込んで迎えた今シーズン、今試合の前まではリーグ戦でのベンチ入りが1回、カップ戦の出場は9分間のみと出場機会がなかなか巡ってこず、練習では本職ではないサイドバックに入ることもあった。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清水エスパルス」に関する記事

「清水エスパルス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清水エスパルス」の記事

次に読みたい「清水エスパルス」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月22日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。