トッテナム、ESL参加のプロセスを謝罪…ファン代表の理事会参加も発表

トッテナム、ESL参加のプロセスを謝罪…ファン代表の理事会参加も発表
拡大する(全1枚)
 トッテナムは11日、欧州スーパーリーグ(ESL)に関する公式声明を発表した。

 トッテナムなど欧州の強豪12クラブは4月18日、既存のチャンピオンズリーグに対抗する新たな大会として、ESLの創設を発表。しかし、各連盟やリーグ、政界、王室、参加クラブのサポーターらからの猛反発を受け、トッテナムを含む9クラブが4月21日までにESLからの撤退を表明した。

 撤退した9クラブはESL計画が間違いであったことを認め、ファンや各国協会、各国リーグ、ヨーロッパの仲間のクラブ、UEFAに謝罪した模様。それでも、欧州サッカー連盟(UEFA)は9クラブに対し、来シーズンのUEFA主催大会で得る収益の5パーセントを徴収するなどの処分を科した。

 トッテナムは公式声明のなかで、ファンとの十分な対話を行わずにESLへの参加を決めたことを謝罪した。

「世界中のサッカーファンが、私たちが情熱を持って接しているサッカーの未来について、強い気持ちを持っていることがわかりました。新しいESLの設立案についても、強い意見が示されました」

「私たちは、プレミアリーグ、FA(イングランドサッカー協会)、UEFA、FIFA(国際サッカー連盟)、そして何よりもファンの皆様との対話を通じて、フォーマットやルール、構造が進化していくことを期待して、ESLに参加しました。実際には、今後の協議のための枠組み合意であるにもかかわらず、確実性を持って伝えるべきではありませんでした。私たちは、クラブを巻き込んでしまったこと、そして法的手続きそのものによって、早い段階でファンの皆様にご相談できなかったことを心から反省しています。深くお詫び申し上げます」

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月12日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク