広がる若年代での欧州挑戦や強豪クラブの日本進出…その背景とは?

広がる若年代での欧州挑戦や強豪クラブの日本進出…その背景とは?
       
 先日、わずか9歳の中井卓大くんのレアル・マドリード育成組織への加入が、このサッカーキングを始めとする各メディアで大々的に報じられた。ニュースのインパクトはレアル・マドリードという世界的ビッグクラブのネームバリューによる部分が大きいが、同時に日本のサッカー関係者に「そこまで来たか」という思いを抱かせる一事でもあった。

 近年、欧州のメジャークラブの間で「日本でのスクール事業は儲かる」という認識が広がり、スペインの二大クラブに限らず、ドルトムントやインテル、アーセナル、チェルシーなどなど、多種多様な形でのスクール展開が行われている。その値段は少々割高ではあるものの、本場の指導を受けられることと、「あわよくば」というチャンスがあることの2点から、根強い人気を保ち続けている。

「13歳くらいなら、間違いなく日本のトップレベルは元々世界のトップレベル。何も驚くには値しない」と断じたのは、かつて中学校1年生でエスパニョールにスカウトされ、現地でプレーしていた高野一也氏。15歳でアトレティコ・マドリードにスカウトされ、3シーズンにわたってプレーした玉乃淳氏も「それは間違いない。15歳くらいまでなら日本の上のほうの(レベルの)選手は確実にやれますよ」と断言する。

 香川真司長友佑都らが欧州トップレベルで活躍するようになり、日本人プレーヤーに対する偏見が薄まったという側面もあるのだろう。サッカースクール事業というつながりもあり、中井くん、あるいは10歳でバルセロナと契約を交わした

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月8日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。