[リーダー対談]長谷川健太(ガンバ大阪)×貴乃花光司(貴乃花部屋親方) 「家族と同じです。本当の自分の子供ぐらいの感覚はありますね」

[リーダー対談]長谷川健太(ガンバ大阪)×貴乃花光司(貴乃花部屋親方) 「家族と同じです。本当の自分の子供ぐらいの感覚はありますね」
       
写真=静岡朝日テレビ

 10月8日にガンバ大阪の監督、長谷川健太氏の著書『一流のリーダーたちから学ぶ勝利の哲学 今すぐ実践したい指導の流儀』が発売された。著者とスポーツ界&教育界の名将たち7名による対談集で、一流の指導論や組織論、マネジメント論を気楽に学ぶことができる本書から、貴乃花光司親方(貴乃花部屋)との対談の一部を紹介する。


長谷川 稽古を見学させていただいて、すごく熱くなりました。見ていて疲れるくらい鬼気迫るものがあったんですけど、毎日あんなに練習されてるんですか。

貴乃花 そうですね。大体ああいう感じでやってます。気を抜いて大怪我をして再起不能ということだけは避けたいので、どうしても厳しいところは厳しくなってしまいます。

長谷川 毎日あれだけ練習して、怪我をしないほうが不思議なぐらいですね。

貴乃花 ええ。ただし、転び方ですとか、そういう訓練をしながらやっていますので。相撲の場合、何トンもの当たりの比重がありますから、怪我だけは気をつけないと。そこに関しては、教えるほうとしても危機感を持っています。

長谷川 稽古中にも、転び方とか手のつき方とかを仰っていましたね。

貴乃花 はい。体重がある子たちなので、丸く転ばないといけない。転んだだけで手首を折ったりしますから。相撲は際どいときこそ顔から落ちろとよく言われるんです。早く手をついたほうが負けですしね。

長谷川 すり足で寄っていけという話をされていたじゃないですか。あれは、かかとが上がっていると怪我をしやすいからですか。

あわせて読みたい

長谷川健太のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「反町康治」のニュース

次に読みたい関連記事「反町康治」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月18日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。