スタンダードチャータード銀行がブラインドサッカー関東リーグへの協賛を決定

 スタンダードチャータード銀行は23日、世界視力デーを記念する取り組みの一つとして、10月26日(土)に慶応義塾大学日吉キャンパス(神奈川県日吉市)で開催される「ブラインドサッカー関東リーグ2013 第5節」に協賛することが決まったと発表した。

 世界視力デーは、世界保健機構(WHO)が10月第2木曜日を視覚障害についての意識を高めるための日として定めたもの。「ブラインドサッカー関東リーグ2013」は8月に開幕し、12月までの4カ月間、B1(全盲)クラス6チーム、B2/B3(弱視)クラス3チームにより、全8節で行われている。

 同行は、グローバルで取り組む視覚障害撲滅を目指すチャリティプログラム『Seeing is Believing』の日本での活動の一環として、2011年よりブラインドサッカー協会への支援・協賛を開始しており、同大会にも協賛金、賞品の提供、行員のボランティア派遣を通じて、支援を行っている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年10月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。