判定に不満を見せるS・ラモス「2つの明らかなPKがあった」

判定に不満を見せるS・ラモス「2つの明らかなPKがあった」
 リーガ・エスパニョーラ第10節が26日に行われ、レアル・マドリードはバルセロナとの“クラシコ”に臨み、1-2で敗れた。レアル・マドリード所属のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、試合を振り返り判定に不満を示した。クラブ公式HPが伝えている。

 セルヒオ・ラモスは「偉大なチームに対して、しっかりと戦った。ただ、2つの明らかなPKがあったと思う。1つは前半のハンド、もう1つは後半のクリスティアーノ・ロナウドに対するプレーだ。審判の判定が勝敗に関して決定機な役割を果たした」と語り、レアル・マドリードに対する判定が厳しかったとの見解を示した。

 その一方で同選手は「チームは最後まで戦い続けた。最低限のやるべき仕事はしたと思う。終盤のバルセロナは時間稼ぎをしていたから、苦しんでいた」と語り、敗戦に下を向くことはなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年10月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。