独メディア、ニュルン長谷部を評価「敗戦は彼の責任ではない」

『Revier Sport』
採点:4
寸評:彼が代表戦へと行ってしまうのは残念。そうでなければドイツにとどまってクロスの練習をするのに! 精力的に動いたにも関わらず、非常に物足りない内容だった。ここ数週間では最も低調な出来だった。

『Westdeutsche Allgemeine』
採点:4
寸評:この右サイドバック選手にとっては、最高の出来の一戦とはならなかった。エルイェロ・エリアとの走力勝負を全て制するというわけにはいかず、競り合いに入るときに躊躇しすぎることもあった。ブレーメン陣内で活発に動いたが、彼のクロスは脅威に欠けているか、ゴールの後ろに行ってしまうかだった。

乾貴士(フランクフルト)
対マインツ(0-1●) 先発出場、75分途中交代
『Frankfurter Rundschau』
採点:So lala(まぁまぁ)
寸評:欧州リーグのテルアビブ戦より明らかにパフォーマンスが上がったが、それは難しいことではない(テルアビブ戦も悪くはなかったが)。ボールロストも少なく、いいパスを数多く出した。しかしながら先制の絶好機を逃してしまった。

岡崎慎司(マインツ)
対フランクフルト(1-0○) 先発出場、81分途中交代
『Sportal.de』
採点:4
寸評:マインツの4-2-3-1システムの1トップで出場し、最後の10分は(ベネディクト)サラーと交代しておりピッチにはいなかった。ベンチに退くまでは運動量も多かったが、運を味方にできず。ハーフタイム直前の絶好機は(ケヴィン)トラップのファインセーブに阻まれた。後半はほとんど消えていた。

■田坂祐介(ボーフム)
対ケルン(1-0○) 先発出場、71分途中交代
『Revier Sport』
採点:3
寸評:交代までの70分間、献身的な守備をしたが、その代わり攻撃での動きが少なかった。守備において新たに学んだことが恐らく攻撃のクオリティを抑えてしまっているのだろう。チームメイトの(ピオトル)チュビエロング同様、田坂も適切なバランスを欠いていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年11月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら