セスク、自身の経験からメッシを心配「プレーを止め、治療に専念を」

セスク、自身の経験からメッシを心配「プレーを止め、治療に専念を」
 10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節、バルセロナはアウェーでベティスに4‐1で勝利した。これによりバルセロナは、通算成績を12勝1分として開幕からの無敗を守ると共に、同日ビジャレアルと1‐1で引き分けた2位アトレティコ・マドリードに3ポイントの差を付けた。

 苦手としていた敵地ベニート・ビジャマリンで白星を収めたバルセロナだが、大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、右足ハムストリングの痛みによりわずか22分でピッチを退いた。メッシは昨シーズン終盤から同箇所を何度も負傷しているとあり、試合後のインタビューに応じたスペイン代表MFセスク・ファブレガスも、自身の故障経験からカンテラ(下部組織)時代から知るチームメートの容態を心配した。

「メッシはプレーを止め、治療に専念しなければならない。僕もアーセナル時代に同じ問題を抱えたが、あの時は2年に渡り最悪の時期を過ごした。この種のタチの悪いけがに見舞われた時、無理をすると泥沼にはまってしまう。早くピッチに戻りたいというのが誤りなんだ。彼にはそのような思いはして欲しくない。それゆえ、けがが治るまで十分に時間を掛け、完璧な状態で戻ってきてくれることを願っているし、実際にそうなると確信している」

 とはいえ、自身も80分でピッチを退いたセスクは、6日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第4節のミラン戦後から右ひざに問題があったことを説明した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表
サッカーキングの記事をもっと見る 2013年11月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事

「メッシ + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「メッシ + 代表復帰」のおすすめ記事

「メッシ + 代表復帰」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュース

次に読みたい関連記事「ネイマール」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。