「ひとつの通過点」…五輪メンバーから落選後、A代表で飛躍した日本代表の選手たち

「ひとつの通過点」…五輪メンバーから落選後、A代表で飛躍した日本代表の選手たち
拡大する(全1枚)
 日本サッカー協会(JFA)は22日、東京オリンピックに臨むU-24日本代表のメンバーを発表した。

 久保建英堂安律らが選出される一方で、名前を呼ばれなかった選手もいる。それでも「オリンピックはひとつの通過点」という言葉があるように、彼らのサッカー人生はこの先も続いていく。過去の大会でも、多くの有望な選手が落選。悔し涙を飲んできたが、オリンピックの18人のメンバーから外れて、そこからA代表で飛躍した選手も少なくない。そこで今回は、1996年のアトランタ大会以降の代表的な選手たちを紹介する。

[写真]=Getty Images

▼リオデジャネイロオリンピック


<主な落選選手>
伊東純也、橋本拳人、鎌田大地、オナイウ阿道

 いずれも、直近のA代表マッチに出場した選手たちだ。4人のうち、鎌田とオナイウは1996年生まれ。オーバーエイジを除くと1993年生まれが最年長となる“リオ世代”の中で最も年下だったため、選考の段階ではやや不利な状況だった。それでも鎌田は鳥栖で結果を残して海外移籍を果たすと、今やフランクフルトの中心選手として活躍。オナイウもJリーグで確実な成長を遂げ、今月11日のセルビア戦でA代表デビューを果たした。15日のキルギス戦では、代表初先発でハットトリックを達成し、一躍“時の人”となった。

▼ロンドンオリンピック


<主な落選選手>
大迫勇也原口元気柴崎岳、昌子源

 酒井宏樹など“オリンピック出場組”もA代表で長く活躍しているが、2018年のロシア・ワールドカップで輝きを放ったのは、むしろ“落選組”の方だった。大迫、原口、柴崎、昌子はいずれもワールドカップで3試合以上に出場し、大迫は初戦のコロンビア戦、原口は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦でゴールを奪った。また4人全員が海外移籍を果たし、昌子を除く3人は今も粉骨砕身の日々を過ごしている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク