名古屋、シュヴィルツォクの初得点で神戸撃破! JFLのV大分は磐田に惜敗/天皇杯R16

名古屋、シュヴィルツォクの初得点で神戸撃破! JFLのV大分は磐田に惜敗/天皇杯R16
拡大する(全1枚)
 天皇杯 JFA 第101回全国サッカー選手権大会の3回戦、およびラウンド16の7試合が18日に行われた。

 3回戦のガンバ大阪vs松本山雅FCは、スコアレスのまま延長戦に突入。G大阪は延長前半、柳澤亘の移籍後初得点など2点を奪うと、そのまま2-0で勝利した。G大阪は9月22日にラウンド16で湘南ベルマーレと対戦する。

 レノファ山口FCモンテディオ山形、ACおこしやす京都を下して勝ち上がってきたJFLのヴェルスパ大分は、ジュビロ磐田と対戦。一進一退の攻防続いた試合はスコアレスのまま延長戦を迎えたものの、V大分は101分に失点を喫する。V大分は反撃実らず0-1で敗れ、アマチュア勢はラウンド16で全滅した。

 セレッソ大阪は、34分に加藤陸次樹が挙げた1点を守りきってサガン鳥栖を撃破。名古屋グランパスは試合終盤にFWシュヴィルツォクが加入後初得点を記録し、1-0でヴィッセル神戸とのJ1対決を制した。

 清水エスパルスと対戦した川崎フロンターレは、57分に小林悠がPKをさせて成功。64分に追いつかれたものの、74分に左サイドを突破した旗手怜央の折り返しをレアンドロ・ダミアンが頭で押し込んで勝ち越しに成功する。川崎Fは2-1で勝利し、今季の公式戦無敗を維持した。

 鹿島アントラーズV・ファーレン長崎は、長崎の1点リードでハーフタイムを迎えると、雷の影響により試合が一時中断。前半終了から約1時間後に再開すると、鹿島は50分に追いつき、60分に逆転。74分にはリードを広げ、3-1で逆転勝利を収めた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ガンバ大阪」に関する記事

「ガンバ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事

次に読みたい「ガンバ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク