リーグ杯敗退のチェルシーGKシュウォーツァー「息が止まりそう」

リーグ杯敗退のチェルシーGKシュウォーツァー「息が止まりそう」
 キャピタル・ワン・カップ準々決勝が17日に行われ、サンダーランドとチェルシーが対戦。延長戦の末、サンダーランドが2-1と逆転勝利を収め、準決勝へ進出した。

 試合後、チェルシーの元オーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァーが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 シュウォーツァーは逆転負けを振り返って、「僕たちは2点目を決めることができなかった。もし2点目を決めていたら、試合を早い段階で終わらせることができただろう。だけど、それができずに、失点の危険があるオープンな状態にしてしまった。そして、残り時間がわずかの時点で失点した」と、コメントした。

 そして、「GKとしては、ボールがゴールに入らないように試みるものだ。2点目を止めることができなかった時には、息が止まりそうだったよ。相手の選手にたくさん時間があったことは残念だった。だけど、時にはそういうことが起こるんだ。残念ながら、それを止めることができずに、ダメージになった」と、話した。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2013年12月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら