【横浜FCvs浦和プレビュー】好調のホームで番狂わせを目論む横浜FC…無敗継続で上位争いに残りたい浦和

【横浜FCvs浦和プレビュー】好調のホームで番狂わせを目論む横浜FC…無敗継続で上位争いに残りたい浦和
拡大する(全1枚)
横浜FC 主将の瀬古が出場停止。大黒柱の不在をチームでカバーできるか



【プラス材料】
 夏に大型補強を行った横浜FCにとって、シーズン途中にまとまったトレーニング時間を取れることは好材料でしかない。すでに主軸に定着しつつある選手も多く、終盤戦でのさらなる巻き返しに向けてチーム作りに充てる時間を多く作れたことは大逆転でのJ1残留へ追い風になるかもしれない。

 前節の柏レイソル戦で敗れて今季2度目の連勝を逃したものの、8月は2勝1分2敗と五分の成績を残して最低限の勝ち点は積み上げた。それをベースに、9月はさらなるハイペースでポイントを積み上げたい。

 今節戦う浦和レッズはリーグ戦の中断期間中にJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝を2試合戦っており、日程やコンディション面で優位にあることは間違いない。現在2連勝中で3試合負けなしの本拠地『ニッパツ三ツ沢球技場』で勢いに乗る相手を倒し、残留圏との差を縮めたいところだ。

【マイナス材料】
 早川知伸監督の就任以降、キャプテンを務めるMF瀬古樹が出場停止となったことは大きな痛手。ボランチとシャドーの位置を務め、守備のスイッチ役やゲームコントロールなど、まさにチームの心臓を担っていた。“背番号6”不在の中、どのようにしてその穴を埋めるかは勝敗に直結しそうである。

 今節から浦和、FC東京、横浜F・マリノス鹿島アントラーズといった上位陣との対戦が続く。前半戦では0-2、0-1、0-5、0-3と、どの試合も完封負けを喫して力の差も感じた。後半戦でも負けが込むようだと、一気に残留争いで置いていかれる可能性が高い。それだけに粘り強く戦い、しぶとく勝ち点をもぎ取りたい。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「柏レイソル」に関する記事

「柏レイソル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「柏レイソル」の記事

次に読みたい「柏レイソル」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク