豪華3トップが実現も…PSG、クラブ・ブルージュの奮闘に苦戦しCLドロー発進
拡大する(全1枚)
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第1節が15日に行われ、クラブ・ブルージュ(ベルギー)とパリ・サンジェルマン(フランス)が対戦した。 

 敵地に乗り込んだパリ・サンジェルマン(PSG)は、新加入のリオネル・メッシが初スタメン。ネイマール、キリアン・エンバペとの豪華スリートップが実現した。また、ジョルジニオ・ワイナルドゥムやアクラフ・ハキミらも先発し、GKはケイラー・ナバスが務めている。

 前から圧力をかけてきたホームのクラブ・ブルージュに対し、先制に成功したのはPSG。エンバペが左サイドから仕掛けると、フェイントでマークを交わし左足でマイナスのクロス。これをアンデル・エレーラが左足のダイレクトで合わせ、PSGが幸先の良いスタートを切った。

 しかしクラブ・ブルージュも反撃に転じる。27分に連係から左サイドを崩すと、エドゥアルド・ソボルのグラウンダー性のクロスにハンス・ヴァナケンが合わせる。するとこのシュートがDFのブロックでわずかにディフレクトし、PSGのゴールネットを揺らした。

 その後はメッシの左足のシュートがポストをヒットする場面もあったものの、クラブ・ブルージュがホームの後押しも得て健闘し、両者譲らないまま前半が終了。リードを失ったPSGはハーフタイムで、ユリアン・ドラクスラーとダニーロを中盤に投入する2枚替えを行った。

 しかし勝ち越しを狙うPSGにアクシデント。エンバペが足首を負傷し、51分にマウロ・イカルディとの交代を強いられる。70分には、メッシがネイマールとの連係でエリア内に侵入すると、左足で強烈なシュートを放ったもののこれはGKシモン・ミニョレのセーブに弾かれた。