フットサル日本代表、W杯2戦目は強豪スペインに惜敗「この経験、この1試合を教訓に」

フットサル日本代表、W杯2戦目は強豪スペインに惜敗「この経験、この1試合を教訓に」
拡大する(全1枚)
 FIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021・グループステージ第2節が17日に行われ、フットサル日本代表はフットサルスペイン代表と対戦した。

 日本はGKを第1戦の関口優志からピレス・イゴールに変え、FPは第1戦と同様に吉川智貴、清水和也、逸見勝利ラファエル、オリベイラ・アルトゥールの4選手を起用した。対するスペインは第1戦ではベンチ外だったFPラヤをスターティングメンバーに起用するなどFPを4選手とも入れ替えた。

 過去に二度のW杯王者に輝いた強豪相手に集中した入りを見せた日本は、スペインフットサル1部リーグのコルドバ・パトリモニオに所属するFP清水和也のシュートや、第1戦ではベンチ外だったFP森村孝志のフリーキックから先制を狙った。しかし4分、スペインの巧みなパスワークから先制を許してしまう。早い段階で失点を喫した日本だったが、その後も集中を切らすことなくチャンスをうかがった。すると1分後、FP星翔太のゴールの2試合連続となるゴールで、日本が同点に追いついた。

 ポゼッションやシュート数ではスペインが上回りながらも、日本はしっかりとシュートを枠に飛ばし、さらなる追加点を狙う。すると7分、FP吉川のコーナーキックに合わせたFP逸見のシュートがゴールネットを揺らす。一戦目では失点に絡み、持ち味を生かし切れなかった逸見だが、このゴールでスペインからリードを奪った。その後はやはりスペインが圧力を高めるが、日本も集中した守備を見せる。第1ピリオド終了間際には6つ目のチームファウルでスペインに第2PKを与えるが、これをGKイゴールが止め、2-1とリードを保ったまま第1ピリオドを折り返した。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フットサル」に関する記事

「フットサル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フットサル」の記事

次に読みたい「フットサル」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク