フットサル日本代表、パラグアイに敗戦もW杯16強進出 視線は“巨大な相手”ブラジル戦へ

フットサル日本代表、パラグアイに敗戦もW杯16強進出 視線は“巨大な相手”ブラジル戦へ
拡大する(全1枚)
 フットサル日本代表は20日、FIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021グループステージ第3戦のパラグアイ代表戦に臨んだ。

 チームの要であるキャプテンのFP吉川智貴を欠く日本は、GKピレス・イゴール、FP清水和也、逸見勝利ラファエル、西谷良介、オリベイラ・アルトゥールの5人で試合をスタートした。吉川の代わりに入った西谷がファーストシュートを放ち、初戦で4ゴールを挙げたアルトゥールや、セットプレーでポイント起用されたFP森村孝志も序盤から先制点を狙う。すると3分、FP逸見のパスを受けたFPアルトゥールが左サイドから仕掛け、パラグアイの守備が乱れたところですかさずボールを前線に送る。これをゴールを背にしたFP清水が左足のアウトに当て、相手GKの股を通過したボールがネットを揺らした。ここまでピヴォとして得点を期待されながらもゴールを挙げることができなかった清水の得点に、ピッチ内外の選手が喜びを爆発させた。

 他グループの結果によっては、敗戦してもグループステージ突破の可能性が高い試合だったが、前日のオンラインインタビューでブルーノ・ガルシア監督が「最初からそういった条件を考えることなく、勝ってグループステージ突破を目指す」と話したとおり、アグレッシブな戦いを見せた日本。しかし、徐々にパラグアイにペースを握られると、高い位置でのプレスやスピーディーで精度の高いパス回しに苦戦する。7分にはスピードに乗ったパスからFPマレコに同点弾を決められ、試合は振り出しに戻った。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フットサル」に関する記事

「フットサル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フットサル」の記事

次に読みたい「フットサル」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク