【インタビュー】長谷川唯が考える“対世界” 自身に、日本に必要なこと

【インタビュー】長谷川唯が考える“対世界” 自身に、日本に必要なこと
拡大する(全1枚)
 2021年1月、初の海外挑戦となるミランへと移籍し、チームを初のチャンピオンズリーグ出場に導く貢献をした長谷川唯。

 東京オリンピックではなでしこジャパンとしてメダル獲得を目標に掲げる中、ベスト8敗退に終わった。そして今夏、新天地をイングランドに求め、ウェストハムでのプレーを選択した。

 その長谷川に海外でのプレーで得ている経験、日本の課題、今シーズンについて聞いた。

インタビュー=小松春生

■日本にはまだまだ足りていないと感じる部分

―――2021年はミラン移籍から始まりました。東京オリンピックを控える年に初の海外挑戦です。

長谷川 初めて日本を出てサッカーをするので、慣れないこともたくさんありましたが、サッカーが始まればコミュニケーションも取りやすくなりました。イタリアサッカーの特徴としてボールに強く行くことや1対1の場面の多さがあり、日本のように組織的にというよりも個人の局面で勝つことが主流のリーグという印象です。日本とイタリア、どちらのレベルが高いのかを比べられないくらいにプレースタイルが違いました。日本でのサッカーに慣れ、ある程度自分のやりたいプレーができるようになった中で環境を変えることを求めていたので、いろいろな刺激がありました。日本ではボールを奪われない場面でも、イタリアでは奪われることもありましたし、海外でのサッカーに対応する点がイタリアで最初に学べたことですね。

―――その違いの部分で意識的に変えたプレー選択があると思います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク