【横浜FCvs横浜FMプレビュー】対極な状況で迎えるダービーマッチ…前回対戦は横浜FMが5発完勝を収める

【横浜FCvs横浜FMプレビュー】対極な状況で迎えるダービーマッチ…前回対戦は横浜FMが5発完勝を収める
拡大する(全1枚)
横浜FC 永遠のライバル撃破を浮上の契機にしたいが、覇気のなさは気がかり



【プラス材料】
 前節のFC東京戦に契約の関係上メンバーに入れなかったMFアルトゥール・シルバが今節から出場可能となる。中盤の強度不足を露呈することが多い中、フィジカル能力に優れたファイター系のボランチがピッチに立てるのはポジティブな材料だ。中盤にタレントが揃い、パスワークに秀でるトリコロール軍団の前に立ちはだかりたい。

 ホームでの“横浜ダービー”は昨季の最終節以来。その時は3-1で勝利しており、その試合を知る選手たちには良いイメージがあるはず。きっかけをつかむには最高の舞台なだけに、永遠のライバルを叩いて逆襲に転じたい。

 FC東京戦ではDF袴田裕太郎がリーグ戦再開後、初めて先発フル出場を果たした。その試合でDFガブリエウが負傷交代するなど、選手層が厚いとは言えない最終ラインにおいて、袴田は左利きで3バックの中央と左をこなせる貴重な存在。ここからピッチに立ち続けたい。

【マイナス材料】
 FC東京戦は散々な内容だった。19分に先制を許すと、直後の21分には2点目を奪われ、前半終了間際の43分にも3点目を失って万事休す。後半は立ち上がりこそ追い上げる姿勢を見せたが、それも長くは続かず。終盤の86分には4点目を喫して完敗に終わった。

 スコアもさることながら、気になったのは覇気のなさ。失点しても鼓舞する選手は見当たらず、チーム全体からも戦う姿勢や泥臭さが伝わってこない。残り試合と勝ち点差を考えれば、すでに崖っぷちに立たされている中で必死さが見られなかったのは残念だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク