41歳の“昇格請負人”遠藤保仁 いぶし銀の働きで2年ぶりのJ1が射程圏内に

41歳の“昇格請負人”遠藤保仁 いぶし銀の働きで2年ぶりのJ1が射程圏内に
拡大する(全1枚)
 2021年の明治安田生命J2リーグもラスト10試合あまり。2枠というJ1昇格への狭き門をこじ開けようとしているのが、京都サンガジュビロ磐田だ。30試合を終えた段階でそれぞれ勝ち点64と63を確保。3位以下に10ポイント近い大差をつけてリードしている状態だった。

 一角を占める磐田は8月9日のヴァンフォーレ甲府戦から7戦無敗。しかしながら、9月18日のファジアーノ岡山戦を1-1で引き分け、京都に首位の座を明け渡してしまった。

「J2優勝」という目標を掲げている彼らにこれ以上の取りこぼしは許されない。25日のFC琉球戦は是が非でも勝ち点3を奪わなければいけなかった。

 奇しくもこの琉球とは今季開幕戦で対戦。シュート20本を放ちながら、0-1の黒星を喫した苦い過去がある。山田大記も「上位対決でもあるし、開幕戦の借りを返したい。選手たちもヒリヒリした空気で準備しています」とリベンジに燃えていた。

 最前線にJ2得点ランキングトップに立つルキアンを据え、山田と大津祐樹を2シャドウに配置する強力攻撃陣で挑んだ磐田。序盤からハイプレスを仕掛け、高い位置でボールを奪い、敵陣に襲い掛かった。大津と左ワイドの松本昌也がポジションを入れ替えながら縦への推進力を出すなど相手を圧倒。すぐにでも先制点が入りそうな雲行きだった。

 だが、その通りにならないのがサッカーの難しさ。それを知り尽くす41歳のボランチ・遠藤保仁
編集部おすすめ

当時の記事を読む

遠藤保仁のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「遠藤保仁」に関する記事

「遠藤保仁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「遠藤保仁」の記事

次に読みたい「遠藤保仁」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク