【アジア最前線:タイ #15】タイ代表新監督にポルキン氏就任。その背景と今後の課題

【アジア最前線:タイ #15】タイ代表新監督にポルキン氏就任。その背景と今後の課題
拡大する(全1枚)
タイリーグで実績のあるブラジル人指揮官
 西野朗前監督が契約期間を残して解任となったタイ代表の新たな指揮官が決まった。タイのサッカー界では「マノ」の愛称で知られるドイツ系ブラジル人のアレシャンドレ・ポルキン氏だ。西野監督の解任劇から約2カ月が経過した9月28日、タイサッカー協会は同氏がA代表の新監督に就任することを発表した。

 ポルキン氏はドイツ人のヴィンフリート・シェーファー氏がタイ代表監督を務めていた2012年に、同代表チームのアシスタントコーチとしてタイでの指導キャリアをスタートした。その後、タイリーグのアーミー・ユナイテッド、スパンブリーFC、バンコク・ユナイテッドの監督を歴任。2014年から務めてきたバンコク・ユナイテッド監督を昨シーズン途中に退任すると、その後はタイを離れてベトナムのホーチミン・シティ監督を務めていた。

 タイリーグではバンコク・ユナイテッドを率いて2015年から5位、2位、3位、2位、4位と安定して上位をキープ。同クラブが親会社であるタイの大手通信事業者「トゥルー・コーポレーション」の資金力をバックに本格的なチーム強化に乗り出したタイミングと重なったこともあるが、チームはポルキン監督体制下でリーグ制覇を狙えるタイ屈指の強豪クラブへと成長を遂げた。

 2019年7月に大きな期待を背負って就任した西野前監督は、当初はワールドカップ予選でUAEを下すなど好調だったものの、コロナ禍の影響を大きく受けて2次予選敗退。2大会連続のアジア最終予選進出を逃したことで、タイ国内では前回大会で最終予選進出を成し遂げたキャティサック・セーナームアン氏の再登板を望む声も挙がっていた。だが、タイサッカー協会が新指揮官に選んだのはタイリーグをよく知るブラジル人監督だった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク