遠藤航が意識した“距離感”…田中、守田とのコンビにも言及「役割ははっきりしていた」

遠藤航が意識した“距離感”…田中、守田とのコンビにも言及「役割ははっきりしていた」
拡大する(全1枚)
 FIFAワールドカップ(W杯)カタール2022アジア最終予選・グループB第4節オーストラリア戦を終え、日本代表MF遠藤航が試合後にコメントした。

 この日フル出場を果たした遠藤は、攻守にわたって躍動。パスカットからのスイッチや身を挺した守備が光り大一番での勝利に貢献した。

 オーストラリア戦では田中碧、守田英正と共に中盤のトリオを形成。「攻撃はその距離感を意識して、立ち位置を碧とモリ(守田)のところでいい形を作ってしっかりボールを動かしていこうと話していました」と遠藤は試合前を振り返った。「守備は結構二人はツーボランチでいかせて、自分はDFラインの前に立って、こぼれたボールはしっかりと全部ボールを奪うような意識だったので、役割ははっきりしていてそこはよかったです」と中盤の出来を評価した。また、その3人で頻繁にコミュニケーションがとられていたことに関して「お互い3枚でやるのに対しては、互いの距離感を近くしてやろうと試合前からずっと話していたので、それは良かったと思います。誰がどこのポジションをとっても割と同じようにやれるので、そこが強みだったと覆うし、3人がお互いのポジションを見てポジションを変えることはかなり意識しながらやっていたので、それは良かったです」と振り返った。

「中盤3枚があれだけ距離感よく動かせれば、周りの選手がより生きてくると思います。拓実も結構中に入ってきて、相手の中盤もつかみづらかったと思うし、お互いを見るっていうところと、距離感をしっかり、どこに立つかが今日は大事だったと思います」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク