ノリッジの20歳GK、精巣がんと診断「最初は本当にショックだったけど…」

ノリッジの20歳GK、精巣がんと診断「最初は本当にショックだったけど…」
拡大する(全1枚)
 ノリッジ(イングランド1部)は18日、リヴィングストン(スコットランド1部)にレンタル移籍しているU-21ウェールズ代表GKダニエル・バーデンについて、精巣がんと診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在20歳のバーデンは2018年11月にアーセナルの下部組織からノリッジのU-18チームに加入。2020年9月のカラバオ・カップ(リーグ杯)でトップチームデビューを飾り、ノリッジでは公式戦通算4試合に出場している。今夏にリヴィングストンへと期限付き移籍し、ここまでカップ戦の1試合に出場していた。

 治療のため、しばらくピッチから離れることが決まったバーデン。ノリッジのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントし、早期復帰をファンに約束した。

「(がんと診断されてからは)とても難しい時間を過ごしたけど、家族や友人、同僚のサポートのおかげでこの数週間を乗り切ることができた。ノリッジとリヴィングストンの医療部門、そして病院の皆さんには感謝してもしきれない。(ノリッジの)ダニエル・ファルケ監督とリヴィングストンのデビッド・マーティンデール監督もとても協力的だった」

「最初の診断は本当にショックだったけど、早期に発見できたことで、予後も次のステップもすべてポジティブなものになった。僕は楽観的だし、ポジティブな考え方をしている。病気に打ち勝って、すぐに好きなサッカーをプレーしに戻ってこれると確信しているよ」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク