アーセナル、土壇場のラカゼット弾で劇的ドロー…C・パレスに苦戦も勝ち点を拾う

アーセナル、土壇場のラカゼット弾で劇的ドロー…C・パレスに苦戦も勝ち点を拾う
拡大する(全1枚)
 プレミアリーグ第8節が18日に行われ、アーセナルとクリスタル・パレスが対戦した。DF冨安健洋は右サイドバックで5試合連続の先発出場を果たし、フル出場している。

 リーグ開幕から3連敗と最悪のスタートを切ったものの、ここ4戦は無敗と復調しているアーセナル。ピエール・エメリク・オーバメヤンやマルティン・ウーデゴーア、ニコラ・ペペらが先発し、ウィルフレッド・ザハが欠場するクリスタル・パレスをホームに迎えた。なお、プレミア無敗優勝を成し遂げた際にアーセナルの主将を務めたパトリック・ヴィエラ氏は、C・パレスの指揮官として古巣の本拠地に凱旋し、大きな喝采で迎え入れられた。

 試合は8分にさっそく動く。アーセナルはCKの流れから、ぺぺが冨安とのワンツーで右サイドを抜け出し左足でシュートを放つ。GKビセンテ・グアイタの弾き出したボールをファーでオーバメヤンが押し込み、アーセナルが幸先よく先制に成功した。

 しかしその後はC・パレスが徐々に流れを握りだすと、28分にはクリスティアン・ベンテケ、35分にはオドソンヌ・エドゥアールにシュートチャンスが訪れる。それでも失点は免れたアーセナルは、前半アディショナルタイムにGKアーロン・ラムズデールの攻守もあり、なんとか1点のリードを守って前半を終えた。

 それでも後半に入って50分、C・パレスは高い位置でトーマス・パルティからボールを奪うと、運んだベンテケがガブリエル・マガリャンイスを交わしてシュート。これがゴールネットを揺らし、C・パレスが前半から続く流れのままに同点に追いついた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク