【FC東京vs鹿島プレビュー】カップ戦で復調のきっかけを得たFC東京…逆転での目標達成へ勝つしかない鹿島

【FC東京vs鹿島プレビュー】カップ戦で復調のきっかけを得たFC東京…逆転での目標達成へ勝つしかない鹿島
拡大する(全1枚)
FC東京 カップ戦で見せた好パフォーマンスをリーグ戦でも続けられるか



【プラス材料】
 代表の活動期間に行われたJリーグYBCルヴァンカップ準決勝は、DF長友佑都とDFジョアン・オマリ、出場停止のMFレアンドロを欠く中、名古屋グランパスに1勝1敗。トータルスコアにより決勝進出は果たせなかったが、第2戦はシーズン一番とも言える試合内容だった。左サイドバックに抜擢されたMF渡邊凌磨が好パフォーマンスを見せたほか、MF髙萩洋次郎が攻守のリンクマンとして活躍。自らゴールを挙げるなど、チームの連動性を生かして終始主導権を握った。

 髙萩は今節に向けて「前線の推進力を生かしてゴールに直結するプレーを優先しつつ、それができなかった時に判断を変えることも大事。鹿島アントラーズは基本が徹底されているチーム。球際の勝負でも上回りたい。ホームでファンの皆さんに気持ちの伝わる試合をしたい」と述べており、勝利に期待がかかる。

【マイナス材料】
 国外でワールドカップ予選を戦った長友とJ・オマリのコンディションは不透明。また、ここにきてDF鈴木準弥が負傷した。レアンドロは今節も出場停止で、チームとしては苦しい状態が続いている。特にゲームの中で苦境に陥った時、一気に流れを変えられるような交代策がなかなか打てていない状況でもある。

 流れを引き寄せられるFW永井謙佑の先発起用を含め、今節もメンバーは流動的。だが、交代のオプションが限られることはマイナス材料だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

長友佑都のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「長友佑都」に関する記事

「長友佑都」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「長友佑都」の記事

次に読みたい「長友佑都」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク