【名古屋vs神戸プレビュー】来季のACL出場権を巡る直接対決…今季公式戦での対決は名古屋が連勝を飾る

【名古屋vs神戸プレビュー】来季のACL出場権を巡る直接対決…今季公式戦での対決は名古屋が連勝を飾る
拡大する(全1枚)
名古屋グランパス アジアの舞台で味わった屈辱を払拭し、らしさを取り戻せるか



【プラス材料】
 プラス材料として考えたいのは17日のACL準々決勝での敗退だ。結果そのものはネガティブでも、この事実を受け止めて次の勝利への推進剤とできなければ、今後のスケジュールはとてもではないが生き残れるものではない。

 このヴィッセル神戸戦後はそれぞれ中2日で天皇杯準々決勝とJリーグYBCルヴァンカップ決勝を控えている。また、今節の神戸戦も来季のACL出場権争いの直接対決。アジア制覇の夢は途絶えたが、そこからどれだけ自分たちを前向きに切り替えていけるかで、名古屋グランパスの戦い方はいかようにも変わる。

 DF中谷進之介を中心とした守備陣は浦項スティーラーズに喫した3失点を帳消しにする堅固なディフェンスを、無得点に終わった攻撃陣には貪欲な得点への姿勢を。名古屋らしさは維持しつつも、とにかく積極性にあふれた戦いに期待が集まる一戦である。

【マイナス材料】
 プラス材料と表裏一体になるのがマイナス材料で、ACL敗退のストレスに加えて帰国後も続くチームバブルが難題だ。限られた空間と行動の中でリフレッシュせよというのも酷な話で、その意味でも名古屋の選手たちはタフさを要求されている。

 MF稲垣祥は「幸いなことに、まだ自分たちの価値を証明するチャンス、大事な戦いが残っている」と気概を見せた。マッシモ・フィッカデンティ監督も「そこに100パーセント頭を切り替えて、必ず勝って我々の力を証明しよう」とチームを鼓舞する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「名古屋グランパス」に関する記事

「名古屋グランパス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事

次に読みたい「名古屋グランパス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク