ローマが6失点大敗、トッテナムも完封負け…AZは菅原が決勝点アシスト/ECL・GS第3節

ローマが6失点大敗、トッテナムも完封負け…AZは菅原が決勝点アシスト/ECL・GS第3節
拡大する(全1枚)
 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)・グループステージ第3節が20日から21日にかけて各地で行われた。

 グループCのローマ(イタリア)はアウェイでボデ・グリムト(ノルウェー)と対戦。2連勝中だったローマは主力選手をベンチに置いて臨むと1-6で大敗。データサイト『OPTA』によると、ジョゼ・モウリーニョ監督はキャリア1008試合目にして対戦相手に6失点を許した初の試合になったという。

 グループGのトッテナム(イングランド)はアウェイでフィテッセ(オランダ)と対戦。ハリー・ケインやソン・フンミンらをベンチ外とすると0-1で敗れ、グループ首位から3位に転落した。

 グループDのDF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)はアウェイでクルジュ(ルーマニア)と対戦。先発出場した菅原は18分にイェスパー・カールションのゴールをアシストするなどフル出場を果たした。AZはこのゴールを守り切り、1-0で勝利を収めた。

 グループAのMF田中亜土夢が所属するHJKヘルシンキ(フィンランド)はマッカビ・テルアビブ(イスラエル)に0-5で敗戦。田中はベンチ外だった。同組のFW中村敬斗が所属するLASK(オーストリア)はアラシュケルト(アルメニア)に3-0で勝利。中村はメンバー外だった。

 そのほか、MF原口元気とMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリン(ドイツ)はフェイエノールト(オランダ)に1-3で敗戦。原口はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。遠藤はベンチ外だった。MF
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク