デフォーもレンジャーズで挑戦へ…暫定監督を経験した7人の元スター選手

デフォーもレンジャーズで挑戦へ…暫定監督を経験した7人の元スター選手
拡大する(全1枚)
 スティーヴン・ジェラード前監督(現アストン・ヴィラ)が退任したレンジャーズは15日、同クラブのFWジャーメイン・デフォーを含めた4名が暫定的にチームの指揮を執ることを発表した。

 先月39歳になった元イングランド代表FWデフォーはウェストハムやトッテナムなどでも活躍し、プレミアリーグでは歴代得点ランキングでトップ10に入る162ゴールを記録。2019年1月からレンジャーズでプレーし、今季からはコーチも兼任していた。

 レンジャーズのコーチ職からそれぞれ昇格したデイヴィッド・マッカラム、ブライアン・ギルモア、コリン・スチュワートとともに、どのような采配を振るうのか注目が集まっている。

 イングランドのトップリーグで活躍したスター選手が、予期せぬ形で暫定監督を務めるのはデフォーが初めてではない。イギリスメディア『ミラー』は過去の印象的な7人の例を紹介している。

[写真]=Getty Images

■ライアン・ギグス(マンチェスター・U)


「人生で最も誇りに思った瞬間」。2014年4月にマンチェスター・Uの暫定監督に指名されたギグスは、当時の気持ちをクラブTVでこう表現した。デイヴィッド・モイーズ元監督の解任後、マンチェスター・Uは選手登録中だったギグスを暫定監督に任命。元チームメイトのフィル・ネヴィル、ポール・スコールズ、ニッキー・バットらに支えられて4試合で指揮を執ったギグス暫定監督は、2勝1分1敗でシーズンを終えて現役を引退した。翌シーズンから2年間は、ルイ・ファン・ハール氏のアシスタントコーチ職に専念した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク