S・ラモスは加入から4カ月後…デビューまで時間を要した選手たち

S・ラモスは加入から4カ月後…デビューまで時間を要した選手たち
拡大する(全1枚)
 11月28日に行われたリーグ・アン第15節でパリ・サンジェルマン(PSG)は敵地でサンテティエンヌと対戦し、3-1の勝利を収めた。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、この試合で移籍後初出場を果たしている。

 昨シーズン限りでレアル・マドリードを退団し、7月にPSGと2年契約を交わしたS・ラモス。負傷で出遅れ、加入から4カ月を経ての待望のデビュー戦となった。

 選手にとってプレーできない期間はどんな状況でも辛いものだが、移籍直後からピッチに立てない日々が続くのはさらなる忍耐力が必要とされるだろう。

 スポーツメディア『Sportskeeda』は今回のS・ラモスを含め、移籍からデビューまでに時間を要した印象的な5選手を紹介している。

[写真]=Getty Images

■セルヒオ・ラモス



 チーム練習に合流したのは先月9日。ふくらはぎの負傷によって離脱が続いていたS・ラモスが、28日のサンテティエンヌ戦でついにPSGでのデビューを果たした。

 2005年にセビージャからレアル・マドリードに移籍し、16年間に渡って中心選手の一人として活躍したS・ラモス。世界屈指のビッグクラブで671試合に出場し、101ゴールを記録。通算22個のタイトルを獲得した。UEFA年間ベストイレブンには9回も選ばれたスペイン代表DFは、昨季限りでレアル・マドリードとの契約が満了となり、今年7月にPSGと2年契約を締結。ケガで始動が遅れていたが、先月24日のCLマンチェスター・Cで初めてベンチ入りを果たし、その4日後に待望のデビューを飾った。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク