降格、残る1枠は徳島に決定…定着ならず1年でJ2へ 清水は勝利、湘南ドローで残留果たす

降格、残る1枠は徳島に決定…定着ならず1年でJ2へ 清水は勝利、湘南ドローで残留果たす
拡大する(全1枚)
 明治安田生命J1リーグ最終節が4日に各地で行われた。

 上位3チームの順位はすでに決定。そして今季は4チームがJ2降格というレギュレーションの中、3チームの降格が決まって迎えた最終節で、清水エスパルス湘南ベルマーレ徳島ヴォルティスがJ1残留を最後まで争う。

■第37節終了時の順位(勝ち点/得失点差/最終節の対戦相手)
15位 清水(39/-18/vsセレッソ大阪(H))
16位 湘南(36/-5/vsガンバ大阪(A))
17位 徳島(36/-19/vsサンフレッチェ広島(H))

 第37節終了時では清水が勝ち点3を離しており優位な状況ではあるが、敗戦して下位2チームが勝利した場合、得失点差でひっくり返される可能性を残す。徳島は得失点差で湘南と差があるため、勝利が求められる。

 同時刻開催で行われた中でまず動いたのは徳島vs広島。9分に青山敏弘の左クロスをファーサイドで飛び出した藤井智也がボレーで合わせて広島が先制すると、2分後にはその藤井のクロスからエゼキエウが決めて2点差に。36分にもセットプレーからエゼキエウに得点を許し、徳島は前半を0-3で終える苦しい展開となる。

 清水は35分、C大阪にオウンゴールで先制点を献上したが、前半終了間際に西澤健太のFKから鈴木義宜のゴールで同点として前半を終える。湘南はチャンスを作るもG大阪GK東口順昭の堅守を崩せず。前半を終えた段階では徳島が降格という状況に。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清水エスパルス」に関する記事

「清水エスパルス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清水エスパルス」の記事

次に読みたい「清水エスパルス」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク