最下位でJ2降格の横浜FC、上尾和大社長と服部健二GMの退任を発表

最下位でJ2降格の横浜FC、上尾和大社長と服部健二GMの退任を発表
拡大する(全1枚)
 横浜FCは4日、上尾和大 代表取締役社長COO(最高執行責任者)と服部健二ゼネラルマネージャーの退任をクラブ公式サイトで発表した。

 現在36歳の上尾氏は、2018年に横浜フリエスポーツクラブの代表取締役COOに就任。現在48歳の服部氏はFC東京やジュビロ磐田ヴィッセル神戸などの強化部を歴任し、2018年から横浜FCのGMを務めていた。

 横浜FCは2019シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、13年ぶりにJ1リーグへと復帰。2020シーズンのJ1リーグは15位で終えていた。メンバーを大幅に入れ替えた今季は、6連敗スタートで開幕13試合未勝利。監督交代や夏に行った複数の助っ人外国人獲得も実らず、最下位でのJ2降格が決定した。

 上尾社長は退任に際し、クラブ公式サイトを通じて次のように挨拶している。

「日頃より横浜FCの活動に多大なるご支援、ご協力をいただいておりますパートナー企業の皆様、地域・行政を始めとするホームタウンの皆様、本日スタジアムにお越しいただけていないファン・サポーターの皆様、2021シーズンは非常に厳しいシーズンとなりましたが、横浜FCへの応援・サポート誠にありがとうございました。また本日も多くのファン・サポーターの皆様に三ツ沢までご来場をいただき、選手への熱い応援をいただきましてありがとうございました。様々な制限がある中、こうして多くのお客様にお越しいただけるだけで非常に大きな力をいただいておりました」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジュビロ磐田」に関する記事

「ジュビロ磐田」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事

次に読みたい「ジュビロ磐田」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク