トッテナムがリーグ3連勝! ルーカスのゴラッソなど3発、ノリッジに快勝

トッテナムがリーグ3連勝! ルーカスのゴラッソなど3発、ノリッジに快勝
拡大する(全1枚)
 プレミアリーグ第15節が5日に行われ、トッテナムとノリッジが対戦した。

 就任後リーグ戦での無敗を維持するトッテナムのアントニオ・コンテ監督は、快勝した2日のブレントフォード戦からスタメンを1枚変更。エメルソン・ロイヤルが体調不良でメンバーから外れ、ジャフェット・タンガンガが右ウイングバックに入った。

 試合は10分、トッテナムが先制に先行する。敵陣中央で相手に囲まれながらボールを受けたルーカス・モウラは、“裏街道”で相手を一人かわし、さらにソン・フンミンとのワンツーパスで密集を突破。ペナルティエリア手前でリターンパスを受け取ると、軽やかな身のこなしで寄せた相手を剥がして前を向く。そのままフィニッシュを選択して右足を振り抜き、強烈なシュートをゴール左上に突き刺した。

 22分、トッテナムにアクシデントが発生する。セルヒオ・レギロンが左太ももの違和感を訴えてピッチに座り込み、ライアン・セセニョンとの交代でピッチを後にした。

 トッテナムはノリッジにボールを握らせながら、追加点の機会をうかがう試合運びに。39分、ルーカスのスルーパスに抜け出したハリー・ケインは、相手GKティム・クルルの位置を確認すると、ペナルティエリア手前からループシュートを狙う。しかし、これは枠を外れて追加点とはならず、トッテナムは1点のリードで折り返した。

 ノリッジは59分に決定機。ブランドン・ウィリアムズが左サイドを切り裂いてグラウンダーで折り返すと、テーム・プッキがシュート性の低いボールをゴール前に蹴り込む。ペナルティエリア中央でアダム・イダが合わせてコースを変えたが、枠を捉えることはできなかった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク