「できる限りプレーしたい」も…イブラが将来への不安吐露「やめるのは少し怖い」

「できる限りプレーしたい」も…イブラが将来への不安吐露「やめるのは少し怖い」
拡大する(全1枚)
 ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自身の将来についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 10月に40歳になったイブラヒモヴィッチは、2019年末に約10年ぶりにミランに復帰。衰えない攻撃力でチームをけん引し契約を延長し、昨シーズンはミランのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献。今シーズンも負傷により出遅れたものの、ここまでリーグ戦9試合に出場し6得点を記録している。

 イブラヒモヴィッチは代表チームにも復帰しまだやれることを証明し続けているが、イタリアのトークショーに出演した際に同選手が現役引退のタイミングについてコメント。リーグ制覇が目標と語りつつ、引退後について言及した。

「できる限りプレーしたい。アドレナリンが出続ける限り続けていくつもりだ。ミランにプレッシャーをかけて(契約)延長を促そう。そして、一生ミランに留まりたいと思っているよ。俺にはまだやるべきことが残っている。スクデットが欲しいんだ」

「サッカーをやめてしまったらどうなるかわからない。だからやめるのは少し怖い。これからだけど、悔いを残さないようにプレーを続けたい」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク