首位通過のマンCが敵地でライプツィヒに敗戦、PSGはエンバペ&メッシが2発ずつで快勝

首位通過のマンCが敵地でライプツィヒに敗戦、PSGはエンバペ&メッシが2発ずつで快勝
拡大する(全1枚)
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が7日に行われ、グループAではライプツィヒとマンチェスター・C、パリ・サンジェルマンとクラブ・ブルージュが対戦した。

 ジェシー・マーシュ監督と契約を解除したばかりのライプツィヒは、アヒム・バイアーロルツァー暫定監督が指揮を執る。グループ3位でのヨーロッパリーグ(EL)進出が懸かる中、エミル・フォルスベリやドミニク・ソボスライなどがスタメンとなった。すでに勝ち点12で首位通過を決めているマンチェスター・Cはケヴィン・デ・ブライネやジャック・グリーリッシュらが先発。また、新型コロナウイルスの影響によって試合は無観客で行われた。

 23分、ライプツィヒが先制点を獲得。GKペーテル・グラーチからのロングボールをマンチェスター・Cが跳ね返したところをコンラート・ライマーが拾って一気にスルーパスを前線へ。ソボスライが抜け出すと、相手GKをかわしてそのまま無人のゴールへと流し込んだ。

 ライプツィヒは後半に入って71分、相手陣でのボールカットからフォルスベリがドリブルで持ち上がってラストパス。アンドレ・シルヴァが冷静に決めて2点差とした。マンチェスター・Cは76分にオレクサンドル・ジンチェンコの丁寧なクロスからリヤド・マフレズが頭で決めて1点差としたが、82分にドリブルをしていたA・シルヴァを後ろから蹴ったカイル・ウォーカーが一発退場に。試合は2-1でライプツィヒが勝利した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マンチェスター・シティ」に関する記事

「マンチェスター・シティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク