リヴァプールが6連勝で首位通過、南野は終盤まで出場 ミランはCL敗退決定

リヴァプールが6連勝で首位通過、南野は終盤まで出場 ミランはCL敗退決定
拡大する(全1枚)
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が7日に行われ、グループBではミランとリヴァプールが対戦した。

 グループステージ突破のためには勝利が必要なホームのミランはアンテ・レビッチやシモン・ケアーを負傷で欠く中、ズラタン・イブラヒモヴィッチらが先発。すでに首位通過を決めているリヴァプールはモハメド・サラーとサディオ・マネがスタメンの他、左インサイドハーフで先発の南野拓実などディフェンスラインや中盤ではリーグ戦で出場機会の少ない選手が起用された。

 試合はミランペースで進むと29分に先制点。右CKを獲得するとジュニオール・メシアスのインスイングのボールをアリソンが弾き、こぼれ球をフィカヨ・トモリが押し込んだ。しかしリヴァプールはすぐに試合を振り出しに。36分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンがペナルティエリア前での仕掛けからシュートを放つと、GKマイク・メニャンが弾いたところをサラーがつめた。

 後半に入って55分、ミランにミスが生まれる。バックラインでのつなぎでトモリのボールコントロールが流れると、拾ったマネが強烈なシュート。GKメニャンが弾いたが、ディヴォック・オリギがヘディングで決めた。これが決勝点となり、リヴァプールが逆転勝利を収めた。南野は後半アディショナルタイムにベンチへ下がっている。

 リヴァプールはグループステージ6連勝。ミランはグループ最下位となり、敗退となった。

【スコア】
ミラン 1-2 リヴァプール

【得点者】
1-0 29分 フィカヨ・トモリ(ミラン)
1-1 36分 モハメド・サラー(リヴァプール)
1-2 55分 ディヴォック・オリギ(リヴァプール)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

南野拓実のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「南野拓実」に関する記事

「南野拓実」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「南野拓実」の記事

次に読みたい「南野拓実」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク