全勝でCL決勝T進出…バイエルン指揮官「とても良いグループステージだった」

全勝でCL決勝T進出…バイエルン指揮官「とても良いグループステージだった」
拡大する(全1枚)
 バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がチャンピオンズリーグ(CL)についてコメントした。9日付けでクラブ公式サイトが伝えている。

 8日にCLグループステージ第6節バルセロナ戦を迎えたバイエルンは、ホームで3-0の勝利を収めた。この結果、同クラブは今大会のグループステージを全勝でグループEを首位で通過したが、今シーズンからチームを率いるナーゲルスマン監督は試合後の取材に応じた際に以下のように語った。

「クリーンシート(無失点)を達成できたのは重要だった。これでCLでは22得点を決め、3失点しか許さなかったということになる。素晴らしい結果だと思うし、今日、私たちは自信を持っていた」

「相手は力のあるチームで、勝たなければならない状況だった。しかし、我々は彼らをゲームに参加させることはなかった。後半は少し深めに守って相手によりボールを持たせてしまったが、もっとチームを引き締めていれば3点より多い得点が取れていただろう。結果的に、とても良いグループステージだったと思う」

 現在ブンデスリーガでも首位に立つバイエルンは、今後の決勝トーナメントの舞台でどのような戦いを見せるのだろうか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク