セレッソ大阪、MF為田大貴&DF鳥海晃司と2022シーズンの契約更新

セレッソ大阪、MF為田大貴&DF鳥海晃司と2022シーズンの契約更新
拡大する(全1枚)
 セレッソ大阪は7日、MF為田大貴、DF鳥海晃司と2022シーズンの契約を更新したと発表した。

 現在28歳の為田は、2021年にジェフユナイテッド千葉からC大阪に加入。しかし、昨年1月に右足関節前方インピンジメント症候群と診断され、シーズン前半戦を負傷欠場した。2021シーズンは明治安田生命J1リーグで1試合、JリーグYBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で2試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合に出場した。

 現在26歳の鳥海も2021年に千葉からC大阪へ移籍。しかし、2月のトレーニング中に左ひざ内側の側副じん帯を損傷するケガを負い、シーズン序盤戦を欠場した。2021シーズンはJ1リーグで4試合、ルヴァン杯で2試合、天皇杯で5試合、ACLで6試合に出場した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セレッソ大阪」に関する記事

「セレッソ大阪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事

次に読みたい「セレッソ大阪」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク