アフリカ人GK初の快挙! E・メンディがFIFA男子最優秀GK賞選出の喜び「誇りに思う」
拡大する(全1枚)
 チェルシーのセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、2021年のFIFA男子最優秀GK賞を受賞した喜びを語った。18日付で公式サイト『FIFA.com』が伝えている。

 現在29歳のE・メンディは2020年夏にチェルシーへ加入すると、初年度から公式戦44試合に出場した。また、同国対決となったマンチェスター・Cとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦でも先発出場したE・メンディは1-0の勝利に貢献。同クラブの9シーズンぶりとなる欧州制覇に大きく貢献した。

 E・メンディはアフリカ人GKとして史上初のFIFA男子最優秀GK賞に選出。同選手は受賞に際し、公式サイトでコメントを残している。

「アフリカ人初のGKとして、この賞を受賞できたことを本当に誇りに思う。自分自身、家族、クラブ、そして世界中のファンを誇りに思う。この賞は僕を幸せにしてくれるし、これからも頑張れと背中を押してくれる」