来夏で現行契約満了…バルサから関心もチェルシー主将は延長希望

来夏で現行契約満了…バルサから関心もチェルシー主将は延長希望
拡大する(全1枚)
 チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタはチェルシーでの現役引退を望んでいるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在32歳のアスピリクエタは来夏で現行契約が満了。新契約に関するアナウンスも行われていないため、退団の可能性が報じられている。そのアスピリクエタを巡っては財政難のバルセロナがフリーエージェントでの獲得を目指しているとも伝えられており、去就に注目が集まっている。

 その一方で同選手はチェルシーとの契約延長を希望している模様。チェルシーでキャリアを終えることを望んでおり、契約延長オファーを待っている状況のようだ。

 チェルシーは30歳を超えたベテラン選手との契約には慎重なクラブで、クラブレジェンドのフランク・ランパード氏やジョン・テリー氏らも晩年を他クラブで過ごすことも多い。アスピリクエタに関しても同様で、契約延長に関しては予断を許さない状況が続いているという。

 アスピリクエタは2012年にマルセイユからチェルシーに加入。8月で10年となる同選手はチェルシーの黄金期を知るベテランで、2度のヨーロッパリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇を経験し、現在は若手が多く台頭するチェルシーでキャプテンとしてチームをまとめている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク