トッテナム、モロッコ代表MFアムラバトに関心…フィオレンティーナと交渉中か

トッテナム、モロッコ代表MFアムラバトに関心…フィオレンティーナと交渉中か
拡大する(全1枚)
 トッテナムは、フィオレンティーナに所属するモロッコ代表MFソフィアン・アムラバトの獲得に関心を示しているようだ。25日、イギリスメディア『アスレティック』が報じた。

 現在25歳のアムラバトは、テクニックや強度の高い守備に定評のある守備的MF。ユトレヒト、フェイエノールト、クラブ・ブルージュ、ヴェローナを経て、2020年からフィオレンティーナに所属している。

 昨季はセリエAの31試合に出場したが、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督が率いる今季は出場時間が激減。公式戦12試合の出場で先発は2回にとどまっている。現在はモロッコ代表の一員としてアフリカネーションズカップに参加しているが、1月の移籍市場でクラブを去る可能性があるようだ。

『アスレティック』によると、中盤の刷新を図るトッテナムはいくつかの選択肢を検討するなかで、アムラバトの獲得に向けてフィオレンティーナと交渉を続けているという。また、移籍市場に詳しいイタリア人記者ニコロ・スキラ氏は、1500万ユーロ(約19億円)の買い取りオプションが付いた期限付き移籍となると報じている。

 なお、トッテナムはウルヴァーハンプトンに所属するスペイン代表FWアダマ・トラオレの獲得に動いていることも明らかになっている。一方、フランス代表MFタンギ・エンドンベレやイングランド代表MFデレ・アリらが今冬の移籍市場でクラブを去る可能性がある。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「フィオレンティーナ」に関する記事

「フィオレンティーナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィオレンティーナ」の記事

次に読みたい「フィオレンティーナ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク